ブルーベリーサプリマガジン
ブルーベリーサプリマガジン > ブルーベリーサプリの副作用 > ブルーベリーアレルギーとは?サプリでも発症する?

ブルーベリーアレルギーとは?サプリでも発症する?

アレルギーで悩む女性

ブルーベリーアレルギーとはどのような症状なのか、そしてサプリでも発症するものなのでしょうか。
ブルーベリーアレルギーについて考えてみましょう。

ブルーベリーアレルギーとは

ブルーベリー自体にアレルギーを持っている場合と、とても少ないケースですが直接ブルーベリーがアレルゲンではないのに起こる、口腔アレルギー症候群の可能性があります。
花粉症を持っている人の場合、その花粉症のアレルゲンである植物とブルーベリーの構造が似ているため、免疫システムがブルーベリーにもアレルゲンの花粉と同じようにアレルギー反応が起こる可能性があるのです。

実はブルーベリーがアレルゲンであることはめったになく、免疫システムがブルーベリーをアレルゲンと間違えてしまうことで起こることが多いと言われています。
ブルーベリーはツツジ科なので、ツツジ花粉のアレルギーがあると、ブルーベリーも結果としてアレルゲンになってしまいます。
そして当然サプリでも濃縮エキスであり、冷凍やジャムなども同じように発症します。

ブルーベリー口腔アレルギー症候群(ブルーベリーアレルギー)の症状

アレルギー症状ブルーベリーアレルギーの症状として、軽い症状の場合はブルーベリーを食べて大体15分以内に症状が出ることが多いと言われています。
口の中や舌、喉などにも影響があり、痒みを感じたりイガイガを感じたりすると言われています。

また、皮膚にアレルギー症状が出ることもあります。
皮膚に蕁麻疹として出るという一般的なアレルギー症状の場合もあり、このような出方の場合は結構辛い痒みが襲ってきます。
目や鼻に痒みが出る場合もあり、まるで花粉症のような症状です。
他にも吐き気や腹痛などが出る場合も希にあります。

しかし、吐き気や腹痛の場合は、アレルギーと気づかず胃腸を痛めたぐらいで終ってしまうこともあります。
このように本当にアレルギーの症状はさまざまな出方があるので、どの症状でも酷くなるようならすぐに病院に行くようにしましょう。

ブルーベリーアレルギー検査

医者当然アレルギー検査の中に、ブルーベリーアレルギー検査というものもあります。
多くの場合は血液検査で行うRAST法で検査することが多く、アレルギーを持っている場合、血液中に抗体が出来ているため抗体が見つかればアレルギーの可否が分かります。

他にも皮膚テストという検査法もあり、アレルゲン注射や傷を付けてアレルゲンエキスを付けるなどの方法で確かめます。
ただし、他のアレルゲンに対してのアレルギー治療薬などを摂取している場合は、正確にアレルギー反応が出ないと言われています。

ブルーベリーアレルギーは希ですが、花粉症自体突発的に起こるため、ブルーベリーアレルギーも同じようにいつ起こるか分かりません。
そのため知識として知っておくと、いざ自分に症状が出たときにすぐに病院へ行く判断がつくのではないでしょうか。

ブルーベリーアレルギーは治るのか

1度アレルギーとして出てしまった場合、治療をしてもそれはあくまでも対処療法となります。
もし、アレルギーが出たときには、ブルーベリーを口にしないことが大切です。
アイスクリームにブルーベリーソースがかかっているだけでも危険です。

また、赤ちゃんや幼児にも希ですがブルーベリーアレルギーはあります。
最初にブルーベリーを食べさせるときには少し食べさせて様子を見てからにしましょう。

目のピント調節でお悩みなら