ブルーベリーサプリマガジン

目の働きを高めるアントシアニンとは

アントシアニン

目と言えばアントシアニンと言われるほど、多くの人が認識しているのではないでしょうか。
しかしどのように目に良いのかなど、もう少し掘り下げてみましょう。

眼精疲労とは

眼精疲労のキーポイントになるのが、赤いタンパク質と言われているロドプシンという物質です。
網膜で吸収された光が電気信号になるときに必要な物質であり、その電気信号は脳に届きます。
その影響によってわたしたちはものが見えたと脳が判断するのです。
そして、ロドプシンは信号を送っては分解され、また次の光の信号のために再生されるということを繰り返します。

アントシアニンとロドプシン

つまりものを長く見ていることにより、このロドプシンという物質の再生と分解を何度も何度も繰り返すことが必要になるのです。
当然繰り返すことで活性酸素が溜まっていき、ロドプシンの働きはどんどん低下していきます。
これが目のチカチカやかすみ目、ピントの合わない状態などの症状になり、いわゆる眼精疲労というふうに言われるものなのです。

眼精疲労とアントシアニン

アントシアニンの強い抗酸化作用によって、眼球の周りにある筋肉に溜まった活性酸素を除去し、凝った状態の筋肉をほぐし疲れを改善させていきます。
そしてもう一つ、アントシアニンはロドプシンの再生のサポート効果もあり、それによってスムーズに再生と分解を繰り返すことができ、ものを見る機能も向上していくのです。
いわゆるこれらのアントシアニンの作用が眼精疲労の改善効果となります。

紫外線から守るアントシアニン

医者またアントシアニンはとても強力な抗酸化物質のため、紫外線攻撃からも目を守る効果があると言われています。
本来紫の色素であるアントシアニンは、ブルーベリーを紫外線から守るための物質です。
そのため目に受ける紫外線攻撃からも守り、眼球とその周辺の筋肉などのダメージを防いでくれます。

血行を上げるアントシアニン

アントシアニンは血行を良くする効果もあり、それによって眼精疲労の目に栄養や酸素をより多く送ることができると言われています。
それによって目の回りの鬱血も改善し、目が軽くなったりすっきりした感じになります。
そして、活性酸素除去効果血行促進効果によって、眼病予防にも効果があるとも言われているのです。

アントシアニンによる眼病予防

アントシアニンの抗酸化作用や血行促進効果によって眼精疲労だけでなく、白内障や緑内症、黄斑変性症、老眼、ドライアイなど、さまざまな眼病予防も期待できます。
世界でも国によってはブルーベリーを薬として認めているところもありますが、日本ではまだきちんととした結果が出ていないため薬としては認められていません。
そのため健康食品の枠の中でサプリというかたちが扱われているわけです。

花粉症とアントシアニン

花粉症とは免疫システムの誤作動によって、花粉に対して過剰反応を起こしてしまうものです。そのため花粉が触れると、そこに免疫細胞から攻撃を受けてしまいます。
それによってその部分には活性酸素が集まってしまいます。
アントシアニンの強力抗酸化作用によって、それらの活性酸素が除去されることで、アレルギー症状の目の赤みや目の痒みなどもだいぶ緩和することになるようです。

ブルーベリーサプリがおすすめなわけ

目の老化、眼病予防、眼精疲労の予防、改善のためにアントシアニンを利用するなら、やはり毎日ある程度のアントシアニンを摂取したいものです。
しかし日本では、どこでもいつでもブルーベリーが購入できる環境にはありません。

また、ブルーベリーは酸化、熱などにもとてもデリケートなこともあり、やはりサプリメントで摂取するのが一番おすすめです。
そしてブルーベリーサプリは目だけでなく、アンチエイジングにも健康にも効果があることもお忘れなく。