ブルーベリーサプリマガジン

アスタキサンチンの抗酸化作用

アスタキサンチン

アスタキサンチンはカニやエビの赤い殻にある色素の成分です。
このアスタキサンチンの抗酸化作用、そして目との関係やブルーベリーとの相性など考えてみましょう。

アスタキサンチンとは

医者アスタキサンチンは必須栄養素に続く大切な栄養分である、カロテノイドとも言われている天然色素の1つです。
カロテノイドは600種類以上あり、カニやエビの赤い殻、鮭の身やイクラなどの赤い色素の成分です。
カロテノイドの中にはアスタキサンチンやトマトのリコピンなどもあります。

そして、アスタキサンチンは強力な抗酸化作用がある分質です。
細胞内の脂質の酸化を予防するため、細胞の老化を防ぎアンチエイジング効果が期待されているため、美容液などの成分としても人気のある栄養素です。

アスタキサンチンと眼精疲労

目は神経の束があり、とても重要で精密な部分です。
そのため網膜に栄養分を吸収する場合も、成分の選別をする血液網膜関門というものがあります。
ここはいわゆる栄養素の関所というところであり、ここを通れる成分は効果を発揮することができるのです。
アスタキサンチンはこの関所を確実に通ることができる成分なので、直接目に対して抗酸化作用が発揮することができるため、眼精疲労改善に、高い効果が期待できるのです。

アスタキサンチンと血液

血管の中のドロドロ血液を押し出すときに活性酸素が必要以上に発生しますが、アスタキサンチンはそのときの影響を最少に抑えるとも言われています。
そのため、血液中の活性酸素の減少や血液中のコレステロール減少効果もあります。

また、善玉コレステロールの酸化を防ぐ効果もあるので、悪玉コレステロールの増加を抑える作用も期待できます。
このような血液の活性サポート効果もあるため、アンチエイジング効果がより期待されているのです。

アスタキサンチンと美肌

アスタキサンチンは目のためだけでなく美肌効果も期待されています。
アスタキサンチンを配合した化粧品などもいろいろ出まわっていますが、肌への抗酸化作用によってシミ、シワ、タルミなども予防することができるとのこと。

アスタキサンチンと目の老化

老化によって目の中にある抗酸化物質が少なくなり、それによって白内障や黄斑変性症など加齢ならではの眼病が起こりやすくなります。
黄斑変性症などは、1度なってしまうと改善治療はなく、進行を遅らせる方法しかありません。
そのため、アスタキサンチンはこのような目の老化による疾患の予防も期待することができます。

アスタキサンチンの老化予防は目だけではない

アスタキサンチンは免疫力の正常化にも高い効果が期待されています。
そしてそれによって脳細胞の若返り効果もあり、痴呆症の進行を止めて脳細胞まで若返らせるサポート効果もあると言われています。

アスタキサンチンの摂取量

医者アスタキサンチンを気軽に摂取するには、鮭の切り身などがありますが、100gの紅鮭だったら約3mg含まれているといわれています。
コレステロールの酸化防止に必要な量は1日0.6mgとなり、眼精疲労なら1日6mg程度が目標摂取量となります。

つまり眼精疲労のためには紅鮭なら100gを2枚ということになります。
また、アスタキサンチンは脂溶性なので、油を使ったメニューにすると吸収率がアップすると言われています。
そのため、鮭は網焼きではなく、オイルを敷いたフライパンで焼いた方がおすすめということになります。

また、カロテノイドは単独で摂るより、いろいろなものから摂る方が効果的とも言われているので、他のカロテノイドであるリコピンやβカロテン、ルティン、アントシアニンなども意識的に摂るようにするといいでしょう。

ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、銅、鉄、マンガン、セレニウム、コエンザイムQ10などと同時摂取をすると最強の抗酸化作用を実現することができるとも言われています。
食べ物からだけではく、サプリメントなどからでも、これらの成分が配合されているものや、他のサプリからでも一緒に摂ると良いのではないでしょうか。

目のピント調節でお悩みなら