ブルーベリーサプリマガジン
ブルーベリーサプリマガジン > ブルーベリーサプリに配合されている成分 > 視力を維持するために必要ベータカロテン

視力を維持するために必要ベータカロテン

ニンジン

視力とβカロテンの関係をまとめてみましょう。またβカロテンの特徴や、目に与えるさまざまな効果なども、もう少し掘り下げてみたいと思います。

βカロテンとは

βカロテンとはオレンジや黄色など鮮やかな色をした緑黄色野菜に含まれているカロテノイドの一種で、特徴は強い活性酸素除去効果をもった栄養素です。
ビタミンAと深い関係があり、ビタミンAが不足すると体内で必要な分だけ、ビタミンAに変化して不足分を補うことができます。

βカロテンが含まれた食品

βカロテンが含まれているものとしてニンジン、カボチャ、ブロッコリー、トマトなど美しい色鮮やかな緑黄色野菜にたくさん含まれています。
また、ミカンやスイカなどにも、豊富に含まれていると言われています。

βカロテンの体内での作用

βカロテンの約3分の1は小腸で吸収され、必要に応じてビタミンAに変化していきます。ビタミンAは過剰摂取にはとても注意が必要な栄養素です。
しかし、βカロテンは過剰摂取の副作用がないので、βカロテンを多く摂り、そこからビタミンAに変換すれば安全です。
そのためβカロテンのことをプロビタミンAという言い方をします。
プロビタミンAは50種類もあり、その中の1つがβカロテンなのです。

βカロテンと目に嬉しい成分

医者目には欠かせないビタミンとしてビタミンB群、ビタミンD、ビタミンEなどがありますが、これらはビタミンAがないと効果は発揮されないため、目のためにはビタミンAはとても重要であり、そのためにはβカロテンをしっかり摂取することが大切です。

βカロテンは目に良いとされるカロテノイドの一種であり、他のカロテノイドというと、やはり目に良いと言われているルテインアスタキサンチン、リコピンなどがあります。
これらどれも強力な抗酸化効果が期待できる成分です。

βカロテンと夜盲症

夜盲症とは夜など薄暗い場所で視力が低下します。
鳥目とも言われており、鳥は夜暗くなると目が見えなくなるという特性があり、それに似ているため鳥目と言われているのです。
わたしたちの目は明るい暗いという感覚を目の奧の網膜で感じます。

網膜には色を感じるところと光を感じるところがあり、ビタミンAは光を感じるところに関係しています。
ビタミンAが不足すると光に対しての反応が遅くなり、見えにくくなっていくとのこと。つまりビタミンAは夜盲症や視力低下を防ぐことができるのです。

当然ビタミンAの働きを期待する場合は、植物性のβカロテンをしっかり摂っておくことで、ビタミンAの過剰摂取の心配はなく、必要に応じてビタミンAを必要なところに送ることができるのです。

βカロテンと加齢黄斑変性

βカロテンは強力な抗酸化作用があり、ルテインなどの抗酸化物質の減った目に起こりやすくなる加齢黄斑変性の予防ができるのです。
特にビタミンCやビタミンE、それに亜鉛などを同時に摂取すると、より加齢黄斑変性の予防効果が高いと言われています。

βカロテンと粘膜保持

βカロテンからビタミンAに変化することで目、喉、口、鼻、肺、鼻、腸、胃などの粘膜を強化し、ウイルスや細菌などから守る働きがあります。
目の粘膜が健康な状態に保持されていると、ウイルスや細菌、そしてゴミなどからも守ってくれるのです。
そのためビタミンAが不足しないように、βカロテンもしっかり摂りたい成分の1つとなります。

βカロテンの健康効果

βカロテンつまりビタミンAは、骨を作るための手助けをするビタミンでもあります。
成長を促進させるためには欠かせないビタミンですが、体だけでなく知能障害などもビタミンA欠乏症として表れることも。
加齢になると目のためにはβカロテンはお勧めですが、実は骨粗鬆症などの予防にもβカロテンはおすすめなのです。

目のピント調節でお悩みなら