ブルーベリーサプリマガジン
ブルーベリーサプリマガジン > 目の病気 > 白内障の症状や原因

白内障の症状や原因

目をおさえる女性

白内障はある程度加齢によって起こると考えられています。
しかし最近では40代でも白内障が発症するという事例も増えているとのこと。
白内障の原因や症状について考えてみましょう。

白内障とは

目のレンズとも言われている水晶体はもともと透き通っており、光を綺麗に通してくれます。
しかし、加齢によって水晶体のタンパク質がだんだん濁ってしまい視力が落ちるというものです。
もちろん放っておいたら失明にもつながることにもなります。しかし現在は白内障の手術は、日帰りでもできるようになりました。

白内障の症状は水晶体の濁り具合によっても違い、目がかすむ、光がまぶしい、視力低下などが主な症状です。

加齢による白内障

白内障の原因としては、加齢による老人性白内障が一番多くなります。
もちろん年齢が高くなっても水晶体が綺麗な人もいますが、老化現象として濁ってくるということが起こりやすいようです。
しかし、最近では目を酷使することが多くなり、40代でも発症するというケースが増えていることも。
また、若年性の白内障は重症になることが多いので注意しなければなりません。

遺伝による白内障

近視が強いと白内障のリスクが高いと言われています。
特に強い近視は遺伝的なことも多く、核白内障が発症しやすいとも言われています。

性別による白内障

女性の方が男性より白内障になる年齢が早い傾向があると言われています。
女性ホルモンの関係があり、特にエストロゲンの減少と深くかかわっているようです。

紫外線による白内障

紫外線によって活性酸素が溜まりやすくなります。
それによって白内障を引き起こすとも言われています。
そういう意味ではダイオキシンなどの大気汚染なども同じことが言えそうです。

糖尿病による白内障

糖尿病によって血糖が増えると、白内障になるリスクが高くなります。
特に糖尿病の合併症として糖尿病網膜症が起こりやすくなり、それによって白内障も同時に発症することもあるとのこと。

ステロイド使用による白内障

アレルギーによってステロイド系の目薬やステロイド系の鼻や喉のスプレー、アトピー皮膚炎によって使用するステロイド系軟膏などを若い頃中期間使用していた人は、若年性白内障になるリスクが高くなると言われています。

眼精疲労による白内障

目の疲れが日常続くようになると、目に溜まった活性酸素を取り除くことができず、どんどん溜まってしまい眼細胞の老化を引き起こします。
それによって40代でも白内障を起こすことも。そのため目の疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

白内障の検査、治療

医者白内障は自分で鏡をみても分からないので、眼科によって特殊顕微鏡で検査をしましょう。
目に光を当てて瞳を大きくして行う検査です。
薬を使って瞳孔を開くという方法もあります。
そして水晶体の濁り方を検査しますが、濁りの量によっては即手術をせず、経過を見ながら手術が必要になったときに行うことに。

また、点眼によって白内障の進行を遅らせるという治療も行います。
そして毎日の生活に支障が出るようになったら手術を行うわけですが、医師の技術は伴いますが時間的には簡単にできるようになりました。
手術では水晶体の代わりにレンズをはめ込みますが、時間としては15分程度で終了となります。
しかし、高血圧や高血糖のある場合は、入院が必要になることもあるようです。

白内障の予防

予防として目を疲れたままにせず、しっかり回復をさせる習慣をつける。また紫外線などから守るように注意をします。
そしてルテインアスタキサンチンなど、目に効果の高い抗酸化物質サプリなどを摂取して目の活性酸素を除去をサポートしていく。このようなことを注意することで目の老化を遅くらせることもでき、白内障の発症も遅らせることができるのです。

目のピント調節でお悩みなら