ブルーベリーサプリマガジン
ブルーベリーサプリマガジン > ブルーベリーサプリの飲み方・摂取量 > お茶やコーヒーでブルーベリーサプリを飲んでも効果は変わらない?

お茶やコーヒーでブルーベリーサプリを飲んでも効果は変わらない?

コーヒー

ブルーベリーサプリを飲むときにはどのような注意が必要でしょう。
せっかく飲むならベストの状態で飲みたいもの。お茶やコーヒーで飲んでも問題ないのかなどまとめてみました。

お茶と一緒に飲む

サプリメントは基本的に健康食品と呼ばれ食品と同じなので、特に相性に注意することはないとお考えの方も多いかと思います。
そのため、つい食後のお茶で飲んでしまいがちです。しかしお茶の成分とブルーベリーの成分は、ちょっと相性的には良くないと言えそうです。

お茶にはタンニンという成分が含まれています。
もちろんお茶のタンニンもブルーベリーのアントシアニンはどちらもポリフェノールの一種で抗酸化作用の高い成分です。
しかし、タンニンは鉄分の体内吸収を阻止し、逆にアントシアニンは鉄分の体内吸収を促進する効果があります。
このように2つの反対の作用があるものを、同時に摂ることはできるだけ避けるようにしましょう。

コーヒーと一緒に飲む

ブルーベリーサプリとコーヒーの組み合わせもあまりおすすめできないと言われています。
コーヒーにもお茶と同じタンニンの他にカフェインには鉄分だけでなく、他のミネラル類の吸収阻止作用があります。
そのためブルーベリーサプリだけでなく、どのサプリメントもコーヒーとは飲まないようにしましょう。
せっかくのアントシアニンなどの効果が発揮できなくなってしまいます。

主要成分との相性

ここでブルーベリーサプリに含まれている主要成分とコーヒーやお茶との相性を紹介しておきます。

アントシアニン

医者ポリフェノールの一種の成分で、抗酸化作用が強く健康を守るためにもおすすめの成分です。それぞれの部分の細胞が活性化されるので体の劣化や老化を防ぎます。
また、特にアントシアニンは目の周辺の活性酸素の除去効果が高いのが特徴です。
アントシアニンの他にもブルーベリーにはポリフェノールが含まれ、高い抗酸化作用効果が期待されています。
このアントシアニンこそコーヒーやお茶と相性が悪いということになるようです。

ビタミンAやβカロチン

医者特にコーヒーやお茶との問題はありません。
ビタミンAは目の調整機能や乾燥対策にも作用する成分で、他にも皮膚の粘膜の健康維持や抗酸化成分も含まれています。
ただし、ビタミンAの過剰摂取は吐き気、肩こり、頭痛などの副作用を起こすため摂取に注意が必要と言われています。

βカロチンはニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜や海藻に多く含まれており、体内でビタミンAが不足すると肝臓内でビタミンAに変わるものです。
また、βカロチンの形のままでも、体内の活性効果、抗酸化作用もありますがビタミンAのように摂り過ぎの副作用はありません。

ビタミンE

医者ビタミンAほどではありませんが、効果を考えるとやはりコーヒーやお茶での摂取は避けた方が賢明です。
ビタミンの中でも一番抗酸化作用の高いビタミンとも言われています。
アンチエイジングビタミンとも言われているほど、細胞の老化予防効果が期待されているビタミンです。
また、酸化の原因とも言える有毒物質を効果もあります。
細胞同士の情報伝達に必要な細胞膜の保護効果も高く、目の疲労改善にも大きく影響を与えるビタミンの1つとなります。

ビタミンC

医者ビタミンCは健康にも美容にも効果の高いビタミンです。また抗酸化効果も高いと言われています。
また、わたしたちの目に一番豊富に含まれているビタミンがビタミンCなのです。
つまりビタミンCを補給することで目の機能を高めることになりとても重要なビタミンです。
コーヒーやお茶と飲むとせっかくのビタミンCが台無しになってしまうので注意しましょう。

食物繊維・カリウム・マグネシウムなど

医者ブルーベリーサプリにはその他、植物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、りん、鉄などのミネラル、葉酸、ビタミンB1、2、6などのビタミンB群なども含まれています。
そしてこれらすべてのビタミン、ミネラルなどがベストな形で摂れることが理想です。
そうすることで実は目だけでなく、健康のためにも高い効果が期待できるサプリメントとなるのです。
そのためにもコーヒーやお茶での摂取は避けるようにしましょう。