ブルーベリーサプリマガジン
ブルーベリーサプリマガジン > 目の病気 > アレルギー性結膜炎の症状や原因

アレルギー性結膜炎の症状や原因

アレルギーで悩む女性

アレルギー性結膜炎はどのような症状なのでしょう。
最近ではポピュラーな症状にも感じますが、原因や治療についてなども考えてみましょう。

アレルギー性結膜炎とは

アレルギー性結膜炎というと、いわゆる花粉症とも言われており、くしゃみや鼻水などがよく出ます。
目が痒く、充血などの症状が起こりますが、個人差がありその度合いもいろいろです。
体内でのアレルゲンに対する抗体の状態によっても症状の度合いは違ってきます。

結膜は上まぶた裏側・下まぶた裏側と白目の表面がすれて、傷付け合わないように存在している半透明の膜のことを言います。
アレルギー性結膜炎では涙や目やにが出ますが、結膜に炎症が起こっているからであり、目を刺激されているからかゆいのです。

花粉症のアレルギーメカニズム

アレルギー性結膜炎はアレルゲンに対してIgE抗体が出来、それがアレルゲンである花粉に反応すると、約15分程度で花粉症の症状が起こります。
花粉が目の表面に入ってしまうことで、その花粉に対してのIgE抗体が作られていきます。

一度抗体が作られると次回から同じアレルゲンが目に入ってきたときにはすぐに反応してT細胞という攻撃免疫細胞に伝わり攻撃が始まります。
攻撃が始まるとヒスタミンが粘膜から分泌されますが、このヒスタミンが神経や血管を刺激してかゆみや充血を起こさせてしまうのです。

アレルギー性結膜炎は痒くなるのが特徴

医者アレルギー性結膜炎は充血や目やになどだけでなく、特徴とも言えるのがかゆみです。
かゆみはそのまま静かにしておくことはとても難しく、目を擦って目の周りの皮膚まで赤くしてしまうことにも。
これらのかゆみはヒスタミンによって起こるわけですが、まぶたの裏にはブツブツがたくさん現れてきます。
また、透明のゼリーのようなものが目の中に増えることも。

そしてアレルギーなので、去年まで何でもかなったのに急に症状が出るということもあります。
しかし実際には自分が自覚するまでに、抗体は相当前から溜まってきていたわけで、自覚して症状が出たときには抗体の量が一定量を超えてしまったということなのです。

花粉症の対策

アレルギー花粉症の対策として、外から家に帰ったら上着などは外で脱ぐようにして、できるだけ外の花粉を家に入れないようにしましょう。
また家では空気洗浄機などを上手に使って綺麗な空気を心掛けます。外出するときにはゴーグルやマスクを付けるようにしましょう。
今はメガネ型のゴーグルもあるので、自分なりにアレルゲンから遠のくようにすることが大切です。

また花粉症の人はハウスダストにも弱いことが多く、部屋の掃除を欠かさないように。
また枕や寝具も注意したいものです。
掃除機も排気循環型の掃除機を使用して、部屋の空気を綺麗にすることも大切ではないでしょうか。

アレルギー性結膜炎はプールに入れるのか

アレルギー性結膜炎は人にうつるものではありません。
そのためプールに入っても大丈夫ですが、プールの中の消毒が濃いと目に刺激があるので、ゴーグルを付けて入るようにしましょう。

コンタクト使用はできないのか

コンタクトはかゆみがあるときや、目やにがひどいときには使えません。
コンタクトとまぶたの裏側の患部がこすれて悪化するだけです。
かゆみが静まったら使用できますが、コンタクトを使う前と後に抗アレルギー点眼液を使用しましょう。

またコンタクト使用中にも、防腐剤の含まれていない涙成分の点眼をするといいでしょう。
普通の目薬と違い、コンタクトをしながら使用できるタイプのものがあります。
またコンタクトの人はメガネでのオシャレも考えて、できるだけメガネにすると目を花粉から守ることもできるのでおすすめです。

市販薬で治すことはできるのか

アレルギーなので体質改善のためには時間をかけて、サプリや漢方と使用することもおすすめです。
しかし実際に直接直す薬というより、アレルゲンの影響を受けないような方法を考えましょう。
そういう意味では市販薬では防腐剤無添加の人工涙液がおすすめです。
アレルゲンを洗うという意味からも効果があります。
特に防腐剤が入っていないものは、使い捨てで1回分ずつパックされているものとなります。