ブルーベリーサプリマガジン
ブルーベリーサプリマガジン > スマホ老眼 > スマホ老眼の予防にはブルーライト対策をしよう

スマホ老眼の予防にはブルーライト対策をしよう

青い光

パソコンやスマートフォンの普及により、近年若者が老眼と同様の症状に悩まされるスマホ老眼が発症する人が急増しています。
スマホ老眼になってしまう原因として考えられる1つの理由がブルーライトによるものです。
ここではそのブルーライトについて詳しく解説していきましょう。

ブルーライトとは

医者ブルーライトは人の目で見ることのできる光(可視光線)の中でも最も波長が短く、強いエネルギーを持っていると言われています。
波長は380~500ナノメートルほどあり、その青色光は角膜や水晶体を通り越し、網膜まで届きます。
※400ナノメートル以下を紫外線と呼びます。

人間の目の網膜や水晶体は350~800ナノメートルの波長を透過させますが、それ以上の電磁波は透過させません。
つまり紫外線に近い光が目に直接届くことになるのです。

ブルーライトが目へ及ぼす影響とは

実はブルーライトが人間の体へ及ぼす影響はすべて解明されたわけではありません。
しかし、現時点で言われているのが

  • 眼精疲労・スマホ老眼を及ぼす
  • 睡眠のリズムを乱す(睡眠障害)

の2つです。

眼精疲労・スマホ老眼など目への影響

パソコンを使用する女性パソコンなどを長時間使用したVDT作業により、姿勢の悪さ、瞬きの回数の減少、目の乾燥が無意識に起こってしまいますが、それに加えディスプレイから発光されるLED照明はほぼすべてがブルーライト(青色LED)となっているため、目やカラダに大きな負担をかけているのです。
また、ブルーライトは波長が短いために散らばりやすい性質を持っています。
この性質こそが目をチカチカの原因になり、物を見る時のピント調節機能を低下させるスマホ老眼の大きな要因になっているのです。

他の光よりもエネルギーが強いことにより、目の筋肉が瞳孔を縮めようと働くため、目の疲れだけでなく、肩や首のこりにも繋がることも多いです。

睡眠障害を引き起こす

眠れない女性ブルーライトの影響は眼精疲労やスマホ老眼などの肉体的なことだけではなく、不眠や睡眠のリズムを乱す(睡眠障害)も引き起こすと言われています。

人間は健康的な生活を送るためにカラダの中にサーカディアンリズム、いわゆる体内時計を持っています。
しかし、夜間にも関わらず明るくした環境や、深夜までのパソコン・スマートフォンでの操作はこのサーカディアンリズムを乱してしまう原因になります。

その原因の1つがブルーライトによるもの。
ブルーライトの強い光はメラトニンというホルモンの分泌を抑制させ、脳に「今は朝です」といった信号を送ってしまい、不眠や中途覚醒といった症状を引き起こしてしまいます。
眠りが浅い、寝つきが悪いといった症状が出たら夜のパソコンやスマホの使用を控えてみることも大切なのです。

専用の眼鏡などでブルーライト対策を

ブルーライトが引き起こす目のトラブルの背景から現在はブルーライトを軽減する眼鏡(サングラス)や、パソコンやスマートフォンの画面に直接貼れるブルーライトカットシートも発売されています。
特にJINSのPC・スマホ用眼鏡はCMでも見かけることも多く、話題になりました。

これからの時代を考えるとブルーライトが無くなることはないと思います。
そのため、自分できる限りのケアをしていくことが眼精疲労やスマホ老眼の予防として大切になっていくのです。