ブルーベリーサプリマガジン
ブルーベリーサプリマガジン > スマホ老眼 > スマホ老眼と加齢による老眼との違いとは?

スマホ老眼と加齢による老眼との違いとは?

老眼

スマートフォンを酷使する若者を中心に急増している新種の老眼が「スマホ老眼」と呼ばれるもの。
加齢によるホンモノの老眼とは異なり、若い世代は目の健康で悩むことが少ないため、仮にスマホ老眼になっていたとしても自覚が無かったり、黄色信号に気付いても危機感が少なかったりしてしまいます。
ここではスマホ老眼と加齢による老眼との違いについて詳しく解説したいと思います。

スマホ老眼は治る

医者スマホ老眼と加齢による老眼の決定的な違いは“治る”か“治らない”かです。
スマホ老眼は危険な存在ではあるものの、元々の原因が目のピント調節機能の一時的な不具合なので、日々の目のケアをすることで必ず治ります。

一方、昔から言われているホンモノの老眼は加齢による目の変化なので治りません。
昔と比べ、医学が進んだことにより外科的に治すことは可能になりましたが、自己治癒能力で治すことは不可能なのです。

知っておきたい目のピント調節機能の仕組み

目のピント調節機能には水晶体毛様体という部位が関係しています。

毛様体・水晶体

水晶体とはカメラで言えばレンズの部分にあたり、毛様体には水晶体を支えて厚みを調節する働きがあります。
私たちが近くを見たり遠くをみたりする時は毛様体筋が伸び縮みして、水晶体の厚みを変え、屈折力の大きさを調節してくれているのです。

つまり、

  • 遠くを見る時は毛様体筋がリラックスして水晶体が薄くなる
  • 近くを見る時は毛様体筋が緊張して水晶体厚くなる

といった動きをします。
このように健康な目であればピントを合わせる動きは自動的に行ってくれるのです。

スマホ老眼とは毛様体筋の疲労

スマホ老眼とは目のピントを合わせる毛様体の筋肉、つまり「毛様体筋」を酷使しすぎて、目の調節機能にトラブルが起こった状態のことを定義します。
スマートフォンの画面と向き合う時、目と画面との距離はどうしても近くなってしまいます。すると、目は“近くを見るモード”になるのですが、その際に毛様体筋にかかる負担というのは、実は想像以上に大きいのです。

bl_09

人間も働きすぎると疲れて体調を崩すことがあるのと同じように、目も使いすぎると目の機能にトラブルが起きやすくなってしまいます。
それがスマホ老眼と呼ばれるものです。

普段から毛様体筋を休ませることを意識しておきましょう。
また、毛様体筋の疲労に効くのがアスタキサンチンという成分です。
抗酸化作用が強く、目の疲労回復に効くと言われるアスタキサンチンが配合されたブルーベリーサプリなどで目のコンディションを整えてあげることも大切です。

老眼は加齢によって水晶体が固くなってしまった状態

医者ホンモノの老眼はまさに「老」の文字通り、加齢現象によるものです。
加齢により水晶体が固くなっていきますが、一度固くなってしまった水晶体は元に戻すことはできないのです。
老眼は10年間ほどで進行しますが、永久に進行することはありません。

対応方法としては老眼鏡を用いるのが一般的ですが、老眼初期から老眼鏡に頼ってしまうと自分の目にさぼり癖がついてしまうため、目の筋肉を使ってあげたり、ブルーベリーサプリなどで目のケアをしてあげるなどして老眼の進行を遅らせる努力が大切です。