ブルーベリーサプリマガジン
ブルーベリーサプリマガジン > 目の病気 > 眼瞼下垂の症状や原因

眼瞼下垂の症状や原因

目を見ている女性

眼瞼下垂とはどのような症状なのか、またどのような原因によって起こるのでしょう。
瞼が落ちてきてしまっているのは、老化現象ではなかったのでしょうか。もう少し眼瞼下垂について考えてみたいと思います。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂は瞼が落ちて来てだんだん開きにくくない、目の開きがどんどん狭まるようになっていきます。
加齢によって目がきちんと開かず、しょぼしょぼした感じになることがよくありますが、だんだんひどくなると物を見るにも支障が出てきます。

そのような状態になったら眼瞼下垂というふうに言われます。
そのため老人は眼瞼下垂ぎみの人が殆どということになるのです。
瞼の中の眼瞼挙筋という筋肉が瞼を持ち上げたり閉じたりしていますが、この筋肉が緩んでしまうことが原因となります。

眼瞼下垂の症状

医者眼瞼下垂はひどい状態になると、どんどん視野が狭くなって物が見えなくなり危険なことも起こります。
そして瞼を持ち上げるために瞼の眼瞼挙筋が弱るため、その上にある筋肉を使うようになり、おでこやこめかみにシワが寄ることにもなっていくのです。

そのためにこめかみの疲れ、コリ、頭痛にまで発展することもあります。

開いている部分で見ようとするので、だんだん顎を上げて物を見るようになり、人を見下しているような態度に誤解されることもあります。
また、片方だけ筋肉が伸びてしまうこともあり、目の大きさが違ってくることも。

眼瞼下垂の種類

眼瞼下垂には瞼の筋肉の緩みから瞼を持ち上げられなくなっていく狭義の眼瞼下垂と、瞼が垂れてしまいそれによって視野の邪魔をするという眼瞼皮膚弛緩症というものがあります。

狭義の眼瞼下垂の手術

講義の眼瞼下垂の場合、眼瞼挙筋が瞼板から外れていなければ眼瞼挙筋を折り込み、縫い合わせるという方法になります。
それによって眼瞼挙筋が短くなると筋肉としての戻ってくるのです。
しかし瞼板から外れてしまった場合は、眼瞼挙件を瞼板に付けるという手術を行い、元の状態に戻すような手術を行うことになります。

また、筋肉が伸びてしまっていて瞼板も外れている場合は、縫い合わせてから元のところに戻すという手術を行うことになるわけです。
しかし、最近ではレーザーメスを使う手術に人気があります。
出血も少なく、眼瞼挙筋の裏側のミューラー筋を短くするという手術方法で、ミューラー短縮術と言います。

眼瞼皮膚弛緩症の手術

もう一つの眼瞼皮膚弛緩の場合は、目の縁を切って余分な伸び切った皮膚を切除します。
そして目の縁の部分で縫い合わせれば目のたるみは取ることができるのです。
目のアンチエイジングの美容整形でも、同じようなことが行われています。

また目の縁ではなく、まゆ毛の下の部分の皮膚を切って瞼の皮を引っ張るという方法もありますが、瞼の縁の方がまつげなどで傷が見えないというメリットがあります。
しかし、目の形が以前と変わってしまうことがデメリットとなるでしょう。
目の形を変えないためには、まゆ毛の下の部分を切って瞼を引っ張るという方法の方がおすすめですが、まゆ毛が太めの人でないと傷が目立ってしまいます。

眼瞼下垂になりやすい年齢

眼瞼下垂は加齢が原因ですが、好発年齢は30代後半から40代当りとなります。
当然この年齢では見づらくなることはあまりありません。
ただし、美容を気にしている女性、老化を気にしている女性にとっては30代後半には、はっきり瞼がたるんできたことを自覚するのではないでしょうか。

しかしそのレベルでは外見が少し老けたということであり、眼瞼下垂の治療や手術は行いません。
つまり眼瞼下垂は視界を邪魔するなら治療が必要であり、あとは不満があれば美容整形を行うということになります。
ただし、生まれつき眼瞼下垂を持っている場合があり、瞳孔が隠れるようなら早めの手術が必要です。

目のピント調節でお悩みなら