ブルーベリーサプリマガジン
ブルーベリーサプリマガジン > 眼精疲労 > 眼精疲労になってしまう原因とは?

眼精疲労になってしまう原因とは?

目をおさえる女性

眼精疲労はどのような原因によって起こってしまうのでしょう。原因を知ることで対策も見えてくるはずです。最近はパソコンやスマホなどを見る時間が増えていることも、原因になっているのかも知れません。

近視、乱視、老眼などによる眼精疲労

近視や乱視を放っておくと、どんどん見えにくくなります。
また、メガネやコンタクトを使っている人でも、視力と合わなくなった状態のままにしていると眼精疲労が起こります。
視力が低下してもメガネやコンタクトをそのままにしておくと、だんだんピントが合わなくなり、眼球の中の水晶体の厚さを調整する筋肉に疲労が溜まってしまうのです。

この場合、まず水晶体の調整をする筋肉の疲労を取ることが改善につながります。
また、視力が落ちることで目を凝らすようになったり、姿勢が前かがみになったりします。
これが目の疲れにつながり、肩こりなどにもつながっていきます。
老眼も知らないうちに進行してしまうので、同じように眼精疲労の原因になることもあります。

ドライアイによる眼精疲労

医者最近はパソコンやスマホなど、目を使う時間がとても多くなっています。
特にブルーライトを長時間見続けることが多くなっているため、眼球の表面が乾燥しやすくなるのです。
いわゆる涙は一定量、いつも目を潤ませていることで目の保護を行っています。

ドライアイは必要な涙が一定量より低下してしまう状態ですが、目の疲れだけでなく小さなゴミが目に入り眼球を傷付けるなど、普通なら起こらないことまで起こってしまうのです。

涙が十分潤んでいれば小さなゴミは、知らずに外に押し出されていきます。
しかし涙が不足していると逆に眼球にくっついて取れない状態に。
それによって違和感があり擦ってしまうと傷を付けることになってしまうのです。

目の疾患による眼精疲労

目の疾患を持っていることで、目の中に活性酸素が溜まってしまい眼精疲労状態になりやすい状態になります。
特に、緑内障や白内障、斜視、眼瞼下垂なども眼精疲労を招くと言われていて、基本的にはこれらの疾患を治すことが大切ですが、眼精疲労がひどくて検査したところ、目の疾患に気付くということもあるようです。

目以外の体の疾患

風邪、インフルエンザ、その他の疾患を抱えているときには、炎症を起こしているところに抗酸化成分は集中的に集まります。
つまり他の部分には活性酸素が溜まりやすい状態になっているのです。
これは免疫力も落ちている状態ですが、当然目を少し使っただけでも眼精疲労を感じることがあります。

そんな時には体の疾患をしっかり治すまでは、あまり目を使わないようにしたいものです。
他にも虫歯や歯周病、中耳炎、外耳炎、鼻炎などの疾患が発症しているときにも同じことが言えます。
このようなときには、目を休ませてあげることが大切です。

生活環境による眼精疲労

医者眼精疲労は生活環境によっても起こりやすくなります。
パソコンやスマホなどを長時間見る環境にある人は眼精疲労になりやすく、眼病を引き起こしやすくなります。
特にブルーライトによる目への刺激が眼精疲労を起こし、近年話題になっているスマホ老眼などの症状も現れます。
できるだけ休憩時間を中に入れるなど、目のケアをしてあげることも目には大切なことではないでしょうか。

ストレスによる眼精疲労

ストレスは現代人の特徴でもあるようですが、このストレスによっても起こるとも言われています。
ストレスは自律神経に影響を与え、緊張状態が続く交感神経がずっと続いてしまい、それによって目の筋肉も過剰に緊張してしまいますが、この状態が続くことで眼精疲労が起こるのです。
交感神経が優位な状態が続くことで睡眠不足にもなりやすく、眼精疲労が改善しないまま、また次の日を迎えるということにもなってしまいます。

1つの原因ではない眼精疲労

眼精疲労の場合は1つの原因で起こることはほとんどなく、幾つかの原因が重なって起こることが多いと言われています。
そのため1つでも思い当たったことは改善するようにしましょう。
そしてそれと同じに目にたまった活性酸素を取り除くようにしていくという、両面から改善していきたいものです。

目のピント調節でお悩みなら