ブルーベリーサプリマガジン
ブルーベリーサプリマガジン > 眼精疲労 > 眼精疲労頭痛にロキソニンやバファリンなどの市販薬は効果があるのか

眼精疲労頭痛にロキソニンやバファリンなどの市販薬は効果があるのか

薬

眼精疲労による頭痛は辛いものです。
そんなときにロキソニンやバファリンなどは効果があるか。また眼精疲労と薬に対する考え方などをまとめてみましょう。

眼精疲労頭痛に市販薬は効果があるのか

眼精疲労がひどくなると頭痛も起こりやすくなります。
ひどい人の場合は毎日のように頭痛に悩まされてしまうことも。
また、女性の場合は生理などのときに、特にひどくなって悩む人も多いようです。
そんなときに市販薬のロキソニンバファリンなどは、どちらも眼精疲労頭痛に効果があると言われています。
ひどいときには、やはりこれらの薬を服用することもおすすめです。

しかし実際に眼精疲労を改善しなければ、基本的にはいつまでも症状は起こります。
そしてもちろんこれらの薬には副作用もあるため、根本の眼精疲労を改善することが一番大切です。
痛み止めの薬は一時抑えでしかないため、薬に頼らない毎日のためにも眼精疲労のケアをしっかりするようにしましょう。

バファリンについて

バファリンバファリンはとてもよく知られた鎮痛剤の1つですが、熱を下げたり痛みを弱める効果もあります。
頭痛や歯痛、生理痛などにもよく使われており、15歳以下の子ども用のタイプもあります。摂取のタイミングは空腹のときを避け、水を多めに飲むといいでしょう。
胃に負担が少ないことでもバファリンは人気です。

ロキソニンSプラスについて

ロキソニンロキソニンというとロキソニンSプラスのことを指しますが、痛みを早く取ってくれることでも人気があります。
眠くなる成分が入っていないので、仕事や学校がある人、車の運転がある人などにおすすめです。
胃のためにも空腹は避けて飲むようにしましょう。

眼精疲労による頭痛について

眼精疲労頭痛は、疲労が溜まってしまって起こるものです。
1度頭痛が起こるまでになってしまうと、ちょっと目を酷使しただけですぐに症状が出てしまいます。
できるだけしっかり目を休めることが大切ですが、それだけでなく眼精疲労を改善するには、目の中に十分抗酸化物質が行き渡るようにしましょう。
根本的な改善がなくては、一時的に薬で治ってもすぐに発症してしまいます。

眼精疲労に効果のある成分

医者眼精疲労に効果のある成分を幾つかご紹介しましょう。
まずアスタキンサンチンは強力な抗酸化成分で、目とその回りの活性酸素を除去する効果があります。
またルテインはもともと目の中に存在する成分であり、強力な抗酸化成分としてもなくてはならない成分です。
網膜を強くし、目の保護、乾燥、またブルーライトなどからも守ってくれます。

またDHAも目にはとても重要な成分で、青魚から摂取することができることでも知られています。
この3つの成分とビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンAなどが眼精疲労改善には必要だと言われています。栄養のバランスのとれた食事や目のサプリなどで補うといいのではないでしょうか。

>>目にはブルーベリーサプリがおすすめ

眼精疲労の改善

眼精疲労の改善には目の改善だけでなく、体を温め血行を良くしてからゆっくり寝るようにしましょう。運動不足も血行が悪くなり眼精疲労には良くありません。
そのため眼精疲労頭痛を改善するためには、目だけでなくこのようなケアも大切です。
また、毎日お風呂に入りながらでもいいので、蒸しタオルを目の上において、ゆっくり目を温めるようにしましょう。
音楽などを聞いて目をとじて温めるのもおすすめです。

薬は上手に使う

眼精疲労頭痛はもちろん痛み止めの薬だけを飲むのではなく、根本の眼精疲労を改善することが大切です。
まず眼精疲労の根本的なところで改善すると、自然と頭痛も減り、痛み止めの薬も必要なくなります。
ひどい症状のときには薬を上手い使い、しっかり眼精疲労を改善していきましょう。