ブルーベリーサプリマガジン
ブルーベリーサプリマガジン > 眼精疲労 > 目が疲れている時にマッサージをすると効果的なツボとは

目が疲れている時にマッサージをすると効果的なツボとは

目をおさえる女性

眼精疲労や目が疲れているときに、ツボ押しマッサージはとても気持ちの良いものです。おすすめの効果的なツボはどんなところにあるのか。さまざまな面から考えてみましょう。

軽い疲れはツボ押しマッサージだけでも

医者目の疲れも軽いうちなら、一晩寝ればすっきり治ってしまいます。
しかし、毎日の目の疲れが続くことで眼精疲労になってしまうことも。
そうなると目を使わないときは特にあまり疲れを感じませんが、ちょっと目を使うと疲れてしまったり眼病の原因にもなります。

そこで軽い疲れのうちはツボ押しマッサージのみでも十分改善効果は見られますが、眼精疲労などになってしまったときにはツボ押しマッサージでその場を楽にし、その上でブルーベリーサプリなどを摂取するなど、目に良いとされる抗酸化食品をプラスしていくことも大切ではないでしょうか。

当然、目を疲れないように休む時間を長く取ることも重要です。
もし仕事でパソコンなどを1日中見なければなら場合は、1時間ごとに目をしっかり休ませることや、仕事が終ったらできるだけパソコンや携帯で目を酷使しないようにしましょう。

労宮(ろうきゅう)

労宮は手の平の中央の一点のことを言います。目の疲れや眼精疲労、それに目の疲れによる緊張などを回復してくれます。
副交感神経の緊張を緩めてくれるので、急に眠くなることや逆に不眠症になることも防げるとのこと

目が疲れたなと感じたら、労宮をボールペンのキャップの頭で押したり、気持ちが良ければ楊枝の頭で少し強めにツンツンと刺激するのもおすすめです。
火照りやイライラなども抑えてくれるので、この部分を押したり、強めにマッサージしたりしてみましょう。

肩こり帯

耳のヘリの部分、耳タブの少し上辺りにあるツボで、眼精疲労や頭の血行を良くする効果があります。
他にも肩こりなどにも効果がある部分で、このツボを指でつまんだり揉むようにしましょう。

承泣(しょうきゅう)

bl_58目の下の涙袋あたり、目頭と目尻の中央にある一点です。
両目の下にありますが、ここを軽く指で押すようにしましょう。
目の疲れに効果があり、眠気もすっきり取れるツボで、顔のむくみも取るツボと言われています。
しかしここは皮膚のとても薄いところなので、強く擦ったりするマッサージはあまりおすすめできません。
そのため、人差し指の腹を使って、軽くジワーッと押していくようにしましょう。

さん竹(さんちく)

ここは目頭寄りの、まゆ毛の骨の下に位置する一点です。
疲れ目、眼精疲労、老眼防止、かすみ目など目のトラブルに効果があると言われています。
ただしここは強くおしてはいけない部分です。
優しいタッチで行いますが、このときには目を閉じて行うようにしましょう。
目の回りのツボ押しは、優しく1分程度押しておくと効果があると言われています。

足の親指

また足の親指はストレス、精神的な疲れに効果があると言われていて、目の疲れによる精神的な疲れやストレスにも効果的です。
足の親指の裏側をもみほぐしたり、楊枝の頭でツンツンと刺激を与えるのもおすすめです。

薬指の腹の部分

薬指の腹の部分は神経系の疲れなどに効果のある部分です。
そこで薬指の腹を反対の手でもみほぐしたり、楊枝の頭でツンツンと突っついたりして刺激を与えてみましょう。
少し丹念に揉み込むと神経が落着き、イライラが治ってきます。

清明

鼻筋の延長、目頭辺りの大きなくぼみを言います。
人差し指と親指でつまみながら押してみましょう。
ここは目の回りなのであまりマッサージなどをせず、指で少し強めに押し込みます。
少し押したままにし、ゆっくり離していきましょう。
疲れたときには1分以上押し込んで目を閉じていると、ピントが戻って来ることもあります。