ブルーベリーサプリマガジン
ブルーベリーサプリマガジン > 目の病気 > 緑内障の症状や原因

緑内障の症状や原因

目を気にする女性

緑内障は最近若年でも発症する眼病になりつつあるようです。緑内障の原因はどのようなことなのか、その症状とともにご紹介したいと思います。
緑内障の原因を知ることによって、しっかり予防したいものです。

緑内障とは

緑内障は失明の原因としてもトップと言われているほど、怖い眼病と言えるでしょう。
最近では40歳以上、20人に1人が緑内障であったという疫学調査の結果も出ていて、その大多数が緑内障の自覚はなかったとされています。
緑内障はとにかく早期発見、早期治療が第一です。
そうすれば失明まで至らずに抑えることができる眼病なのです。

緑内障は眼圧が高くなり視神経に悪影響が及び、それによって視野が欠けるという眼病です。
視神経のミトコンドリア輸送がストップしてしまうことで視神経が駄目になってしまい、1度欠けた部分はどんなに治療しても欠けたままです。
欠ける部分を増やさない治療しかありません。
また、正常眼圧緑内障もあるので、眼圧検査だけでは分からないと言われていて、最近は緑内障の若年化の傾向があるとも言われています。

眼圧について

眼圧は多すぎても少なすぎても問題があり、まるでタイヤの空気圧のような物です。
眼圧は10~21mmHgが正常範囲。21mmHg以下は正常、21mmHg以上は異常となります。
また眼圧は朝と夜でも差があり、ストレスや逆立ちをしても高くなるとのこと。
約2~3mmHgは数値が変化すると言われています。

緑内障の症状

医者緑内障は自覚して病院に行くことが大切です。そのためにも緑内障の症状を知っておくといいのではないでしょうか。
まず一番に感じることは視野が欠けることです。
視力の低下も見られますが、その速度は個人差があり、ゆっくり進む人と急速に進む人がいます。

このように緑内障はあまり自覚がないまま進むこともあるので、見え方に何か異常を感じたらすぐに眼科に行ってみることも大切です。
視野が少しずつ狭くなっていっても、あまり自覚はないもの。
毎日のことなので、異常に気づかないことが多いのです。

緑内障の原因

緑内障の原因は前房内の房水の排出にトラブルが起こり、眼圧が高くなることです。
つまり眼圧が高まると緑内障になりやすいのです。
でも現実にどうして眼圧が高くなってしまうのかという要因は分かっていないことも多いようです。

その要因には加齢や眼精疲労があると言われています。
どちらも目の中や回りに活性酸素が溜まってしまい、それがどんどん目の機能を低下させてしまい、それが前房内の房水の排出にトラブルを招き、眼圧を上げていきます。
なぜ活性酸素が溜まってしまうのか。それが連続性のある目の疲れから起こる眼精疲労、そして加齢と言われています。

活性酸素を分解する成分は、もともと目の中の成分としてたっぷり含まれています。
しかしそれらの成分では分解が間に合わないような、大量な活性酸素が溜まってしまう状態を引き起こすのが眼精疲労と加齢なのです。
緑内障だけでなく白内障、黄斑変性、加齢黄斑変性なども起こりやすくなっていきます。

緑内障の治療について

緑内障の治療は目薬を使うことが殆どです。目薬で眼圧を調整し、それでもあまり良い結果が出ないときにはレーザー治療や手術ということもあります。

緑内障の検査

緑内障はとにかく、ちょっとでもおかしいと感じたら眼科での検査が必要です。
また眼科での定期検診などもおすすめです。眼圧検査だけではなく、眼底検査、視野検査などが行われます。

緑内障の予防

緑内障の予防はとにかく眼精疲労を改善すること。
また毎日の目の疲労を改善する、習慣の改善も重要になってきます。
そしてルテインアントシアニンの多い食品を意識的に摂ること。それらは目に良いとされるブルーベリーサプリなどで補うようのもおすすめです。
目の中の溜まった活性酸素を分解する成分を少しでも摂ることで、リスクを減らすことができるはずです。
また予防の努力をした上で、早い発見も予防にもつながります。

目のピント調節でお悩みなら