ブルーベリーサプリマガジン

眼病を予防するルテインとは

マリーゴールド

眼病にはルテインが良いと言われています。
そのメカニズムなど、ルテインと目の関係をまとめてみたいと思います。
そしてルテインの働きなども考えてみましょう。

目と活性酸素とルテイン

わたしたちの目は活性酸素の影響をとても受けやすいところです。
特に目では光を受けるところなので、ブルーライトと紫外線を受けてしまい、活性酸素をたくさん作り出してしまいます。
つまり目は常に光を見ているため、活性酸素はいつも発生している状態と言えます。
そして、目で光を感じるのは角膜、水晶体、硝子体などを通って綱膜黄斑部というところで光を認識しています。

そのためブルーライトや紫外線からの影響を受けやすい黄斑部と水晶体には、もともと体内にあるルテインがたくさん集まっています。
水晶体に存在しているルテインがブルーライトのフィルターの働きがあり、黄斑部で活性酸素を分解するという働きがあるのです。
そのために光を見続けているわたしたちの目は、病気にもならずに健康でいられるわけです。

しかし、この素晴しいメカニズムはルテインの減少によって崩れることになります。
ルテインはカロテノイドの一種ですが、加齢によって減少する成分と言われていて、今まで紫外線やブルーライトの影響を受けずにいられた人でも、今までどおりの生活をしていると、ブルーライトや紫外線の影響を受けてしまうことになります。
それによって視力低下、白内障、加齢黄斑変性などを発症してしまうこともあります。

ルテインには種類があった

医者ルテインのサプリには2つのタイプがあります。
1つはフリー体ルテイン、もう一つはルテインエステルというタイプです。
フリー体ルテインは人の体の中にあるルテインと同じタイプのルテインなので摂取すると即効吸収されていきます。

しかし、ルテインエステルは脂肪酸が結合されたもので、多くはマリーゴールドから抽出されたものです。
抽出されたルテインエステルはそのまま精製されていません。
そしてわたしたちの体内に入って、消化酵素によって脂肪酸と切り離されて吸収されることになります。
つまり体の中で精製が行われることになるわけです。そのため吸収率される時間も長く、吸収率も個人差があります。

ルテインは体内で作り出せる成分ではない

ルテインはもともと人の体の中にある成分であっても、自分で作り出せる成分ではありません。
その上、体の中にもともとあったルテインは加齢によってどんどん減っていき、加齢黄斑変性や白内障が発症するリスクが高くなるのです。
そのため加齢とともに食事やサプリメントなどからルテインを摂取することを意識するようにしましょう。
ルテインが配合されている主なサプリはブルーベリーサプリです。

ルテインと眼病の関係

医者ルテインによって予防できる眼病の中には、加齢による白内障や加齢黄斑変性、そしてコントラスト感度の改善などがあります。
コントラストの感度は実際より濃く見えたり薄く見えたりする感覚のずれのことを言います。
また、炎症の抑制効果があり、ブドウ膜炎などを予防します。

ブドウ膜炎

ブドウ膜炎とはブドウ膜に起こる炎症のことをまとめてそのように言います。
ブドウ膜炎が起こる原因はいろいろあり、原因不明の病原体の感染ということもあるようです。
症状は目の痛み、痒み、視力低下などがあり、ブドウ膜で炎症を起こすことで起こります。
ルテインはこのようなブドウ膜の炎症も抑えて改善に向うサポートをしてくれるのです。

ルテインを含む食品

ルテインはニンジンやブロッコリーのような緑黄色野菜、卵の黄身に多く含まれています。
そしてこれらにはβカロテンも含まれており、βカロテンもまた目にとても良い成分として知られています。
そのため緑黄野菜は目に良い野菜ということが言えそうです。

また、目に良いというルテインは美肌効果も高いと言われています。
特に紫外線によるダメージを受けた肌の改善や予防にもおすすめの成分なのです。