ブルーベリーサプリマガジン
ブルーベリーサプリマガジン > 目の病気 > 麦粒腫(ものもらい)の症状や原因

麦粒腫(ものもらい)の症状や原因

眼帯をする女性

麦粒腫というとピンと来ない人でも、ものもらいと言えば誰でも知っている目の病気です。
その原因はどのようなことなのでしょう。
またどのような治療法があるか、ものもらいとはどのような病気なのかなど、もう少し詳しく調べてみましょう。

麦粒腫とは

ものもらいとは麦粒腫(ばくりゅうしゅ)霰粒腫(さんりゅうしゅ)などの総称を言い、それぞれ原因が違い、治療も違ってきます。
そのため、目に腫れ物ができたらまず麦粒腫か霰粒腫のどちらかを判断する必要があります。

一言でいうと麦粒腫はまぶたに細菌感染による炎症が起こり、膿がたまったことを言います。
また霰粒腫はまぶたに脂肪がたまったもので、そこに感染症が起こる場合は可能性霰粒腫というものもあります。
特に麦粒腫のことをものもらいということがほとんどで、霰粒腫は霰粒腫と言われることがほとんどです。

麦粒腫・ものもらいの症状

麦粒腫はまぶたの上下どちらにもできる可能性があります。
また、外麦粒腫といってまぶたの外側に発症するものと、内麦粒腫と言ってまぶたの内側に発症するものがありますが、ほとんどは外麦粒腫と言われています。
最初はなんとなく目が重くなってきたり、かゆみが出たりしますが、だんだんまぶたが腫れてきて膿がたまっている部分がはっきりしてきます。

目は充血し、腫れ上がって目の形が変形することもあります。
かゆみがとても強くなり、上から軽く擦るだけでも膿が出てくる場合も。
しかし麦粒腫の場合は特にそのままにしていても、失明ということはほとんどないようですが、早めの治療をするようにしたいものです。
ものもらいは両方の目にできず片方の目だけにできることが多いとのこと。

麦粒腫の原因

医者麦粒腫の原因は黄色ブドウ球菌と言われています。
この黄色ブドウ球菌は化膿を発症させる代表的な細菌ですが、わたしたちの体にいつも存在している常在菌です。
常在菌の中でも毒性は強く、傷口などがあるとそこから入り込んで炎症を起こす原因となります。

そしてこの黄色ブドウ球菌が、マイボーム腺やその近くの分泌腺が入ってしまったことで、麦粒腫になるわけですが、そのもっと奧の原因は免疫の低下とも言われているのです。
免疫が低下することで、常在菌にちょっとしたきっかけで負けてしまうというわけです。
そういう意味では体のストレスと心のストレスなどによる可能性も考えられます。

そして、ものもらいは人からうつるというものではありません。
ちなみに霰粒腫はマイボーム腺に脂肪が詰まるということが原因ですが、なぜ脂肪が詰まるのかという原因は分かっていません。
しかし脂肪の摂り過ぎなどということもなく偶発的ではないかと考えられています。

マイボーム腺とは

マイボーム腺というのはまぶたの縁にある皮脂腺の一つですが、白く小さな点がずらっとならんでいます。
当然これらの点々としているものは、上まぶたにも下まぶたにもあります。
そして上のまぶたの縁には約50個、下のまぶたの縁には約その半分の25個存在していると言われています。
そしてこのマイボーム腺がうまく働かないとドライアイなどの原因となります。
それによって眼瞼炎を起こすこともあるとのこと。

麦粒腫の治療について

麦粒腫の治療は黄色ブドウ球菌などの感染によって起こるため殺菌が重要となります。
そのため、ものもらいの軽いうちなら抗菌系の目薬だけでも改善されることもあります。
しかし、まぶたに軽い腫れがある程度になってしまうと、抗生物質や抗炎症剤などの内服も目薬と併用することがほとんどです。

またかなり腫れるまで放っておくと、最終的に膿が溜まっていたところから膿が出てしまって自然治癒することになりますが、ここまで放っておくと感染症などの危険もあるので、できるだけ眼科に行くようにしましょう。
約3日程度で治療をすれば回復に向かいます。
逆に4~5日続く場合は霰粒腫の場合もあります。
麦粒腫は膿と炎症、霰粒腫は脂肪の違いがあるのでよく観察すると分かります。