ブルーベリーサプリマガジン
ブルーベリーサプリマガジン > ブルーベリーサプリの飲み方・摂取量 > ブルーベリーサプリを飲むタイミングや摂取量に決まりはある?

ブルーベリーサプリを飲むタイミングや摂取量に決まりはある?

サプリを飲む女性

ブルーベリーサプリを飲むベストなタイミングはあるのでしょうか。
どうせサプリを飲むのであればできるだけ効果の高い摂取法で摂りたいものです。
さてどのようなタイミングがベストなのでしょう。

ブルーベリーサプリの摂取にあたって

ブルーベリーサプリの摂取にあたって、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」という成分とはどういうものなのか知っておきましょう。
アントシアニンというと紫キャベツや茄子の皮、紫芋などに含まれる植物色素です。
果物や花などの赤い色、青い色、紫色などの水溶性色素がアントシアニンとなります。
そして、このアントシアニンこそ、わたしたちの目に良いという効果が期待されており、欧米では代替医療としても認められているのです。

アントシアニンの特性

医者アントシアニンの特性を知っておくと、ベストタイミングが見えてくるのではないでしょうか。
まず、アントシアニンはサプリとして摂取すると1時間ほどたつと血中において最大ポイントになります。
そして、摂取後2~4時間程度で効果表れると考えられ、摂取して24時間以内には効果は消え、成分も消えてしまいます。

効果を期待するための摂取タイミング

やはり目を使う人は仕事で目を使う場合が多く、そのことを考えると摂取は朝食中に飲むのがおすすめです。
ブルーベリーサプリのほとんどは1~2粒で1日の摂取量を補えるものがほとんどです。

しかし、疲れの激しいときなど少し多く摂取しても良いという用量指示があれば、朝と昼過ぎなど目の疲れる仕事をする時間に合わせて飲むようにしましょう。
もともと1日2~3つの摂取用量のものなら、朝1~2つ、昼すぎに1つというふうに飲んでみましょう。
※体に合わないなどの症状が出てきた場合は直ちに控えてください。

そもそもサプリは食事中に摂取するべきもの

これはブルーベリーサプリに限ったことではありませんが、サプリメントというのは “健康食品”です。
そのため摂取するベストなタイミングというのは基本的に体が吸収モードになっている時が栄養素を効率よく吸収します。
食事中はたんぱく質や糖を摂取することがほとんどだと思いますが、たんぱく質や糖は体を吸収モードにする働きがあるため、食事中がもっともサプリの効果を発揮する摂取タイミングと言えるのです。

アントシアニン以外の成分

ブルーベリーというとアントシアニンが重要というのは多くのメディアでも紹介されています。
しかし、それ以外にもポリフェノールの一種であるカテキンやビタミンC、ビタミンE、食物繊維などが含まれています。

また、他にもエラグ酸という成分も含まれていますが、この成分は尿路感染症の予防としても知られています。
フルーツとしては100gでも50~60kcalなのでダイエットにも優しいフルーツと言えそうです。

アントシアニンは1種類ではなかった

アントシアニンは1つの成分と思われている人が多いようですが、アントシアニンは1種類ではなく、同じような分子構造をもつ成分の総称と感がえられます。
同じようにブルーベリーに含まれるポリフェノールの1つであるカテキンなども、1つの種類ではなく幾つかの総称となっているのです。

ブルーベリーサプリの選び方

ブルーベリーサプリは価格に差がありますが、よく見るとアントシアニン含有量に違いがあります。
含有量が5%程度のものから25%程度のものまでさまざまです。
当然アントシアニンの含有量が多ければ必然的に高くなり、少なければ安くなるという傾向があるので、安価だからといって飛び付かないことも大切です。

目のピント調節でお悩みなら