ブルーベリーサプリマガジン

酸化を防ぐビタミンCは目にいい

ビタミンC

ビタミンCはわたしたちの体にとって、さまざまな効果があるビタミンですが目にも欠かせない成分のようです。
ここでは特に目とビタミンCに特化して考えてみましょう。

ビタミンCと水晶体

ビタミンCは活性酸素を分解する効果の高いビタミンですが、特に目の中では水晶体と角膜に多く存在していると言われています。
多く存在しているということは、それだけビタミンCを多く必要とする部分だということなのです。
ビタミンCは水晶体の透明性を保もち、さまざまな疾患から守っています。

ビタミンCとコラーゲン

医者ビタミンCは美肌効果があると言われていますが、特にシミ予防とシワ予防があります。シミは紫外線攻撃を受けた肌の部分に大量の活性酸素が発生し、そこにシミの原因ともいえるメラニン色素が集まります。
そしてもう一つ、コラーゲンが肌の張りや弾力を保ちますが、そのコラーゲンを体内生成するために欠かせないビタミンの1つがビタミンCなのです。

目のレンズとも言われている水晶体と角膜は、ほとんどコラーゲンによって作られているのです。
水晶体や角膜が痛んだときなどでもビタミンCが十分存在していれば、その細胞修正ができるのです。
特に最近はコンタクトなどを使用する人も多く、角膜を痛める人が多いとのこと。そんな人にもビタミンCは欠かせないということになるのではないでしょうか。

ブルーベリーの最大の特徴でもあるアントシアニンも、ビタミンCと同じようにコラーゲン生成の促進効果があると言われています。
このように同じ作用を持っている成分同士は相乗効果があると言われています。
また、角膜などのコラーゲン量が多くなるとコラーゲンの網目がしっかり張られるため、ウイルスや細菌による眼病予防にもなると言われています。

ドライアイとビタミンC

水晶体と角膜にビタミンCが十分存在していることによって、ドライアイの予防ができると言われています。
また、ドライアイで目が乾燥してしまうと角膜まで痛めてしまいますが、ビタミンCを十分摂っておくことで角膜を守り、もし角膜が傷んでも修復を行う作用があります。
最近では花粉症やドライアイの改善と予防に、高濃度ビタミンC点滴が注目されているほどです。

白内障とビタミンC

ノーベル化学賞と平和賞を受賞した免疫科学者として知られているライ那須・ポーリング博士によって、ビタミンCの有効性がいろいろ証明されてきました。
そして白内障予防についてもビタミンCが有効であることを提唱しています。

他にもさまざまな研究者によって臨床実験が行われ、白内障予防の有効性が認められるようになりました。
有害紫外線を防ぐことが白内障予防と深くかかわること、そして肌を紫外線から守るのと同じように、有害紫外線から目を守る効果がビタミンCにはあるのです。

老眼とビタミンC

加齢によって水晶体の弾力がなくなり、ものを見るための調節ができなくなることが老眼の原因と言われています。
そのため加齢に逆らって完全に予防することはできません。

しかし、その症状を遅らせ軽くすることはできるのです。
ビタミンCの抗酸化作用が強く、水晶体の濁りも予防するため、老眼を極力遅らせることができる成分の1つと言われています。
他に老眼にはビタミンEやビタミンB1、ビタミンAなどが欠かせないとのことです。

黄斑変性症

医者黄斑変性症は1度なってしまうと完治することはできず、進行を遅らせる治療しかできません。
しかも保険外薬の方が進行抑制効果が期待されており、1カ月5万円以上という高額治療となってしまうのです。
老眼と同じく加齢によって、網膜の黄斑部が酸化することで発症します。

水晶体は黄斑部分にビタミンCやルテインがしっかり足りていれば、黄斑変性症のリスクはとても低くなると言われています。
加齢とともにますますビタミンCが必要であることを感じさせられます。

目の健康のためにも普段の生活から食事やサプリメントなどでビタミンCを摂取しておくことが大切です。