ブルーベリーサプリマガジン

目にいい抗酸化作用の強いビタミンE

アーモンド

ビタミンEは目にとても良い成分の1つです。
どのような働きが目に良いのか。ビタミンEの働きとブルーベリーサプリとの関係を考えてみましょう。

ビタミンEは紫外線から目を保護する

紫外線ビタミンEは抗酸化作用がとても強いビタミンとしても知られています。
そのためアンチエイジングビタミンと言われているほどです。

目やその付近の細胞が紫外線攻撃を受けると、目の周辺の細胞には活性酸素がたくさん発生します。
それによって起こる目の疲れも、ビタミンEの活性酸素除去効果によって回復に向うことができるのです。

特に目から受けた紫外線攻撃対策としても、目の周辺の筋肉などに作用するビタミンEなど抗酸化物質がとても重要です。
紫外線攻撃を浴びることでビタミンEなどの抗酸化物質はどんどん不足していくため、黄斑変性症や白内障などの眼病にもなりやすくなります。
このように加齢になるほど、紫外線によるトラブルは危険な眼病リスクがあると言われているのです。

眼精疲労を防止するビタミンE

紫外線から目を守り眼精疲労を予防する効果もありますが、他にも目の細胞への血行が良くなり、代謝も順調に行われ目全体の機能が高まります。
また、活性酸素が減少すると、老廃物を正常に目の外に出すことができるようになるので、老廃物を溜め込むこともなくなります。
そのため眼精疲労の予防や改善にも、ビタミンEは欠かせないビタミンなのです。

ブルーベリーとビタミンEの関係

ブルーベリーにはアントシアニンというポリフェノールの一種が含まれています。
ポリフェノールは抗酸化作用の高いことでも知られており、眼精疲労やさまざまな眼病の予防にも役立ちます。
しかし、ブルーベリーには同じように抗酸化効果の高いビタミンEも豊富に含まれているのです。
つまり目にとってはダブルでとても高い効果が期待できるということになります。

活性酸素は紫外線を受けたり、目を刺激したり、目を使い過ぎることによって過剰発生してしまいます。
水晶体に発生すれば水晶体を濁らせてしまい白内障をはじめ、さまざまな眼病を引き起こすことにも。
また、目の付近の筋肉類が疲労することでも活性酸素は充満します。

しかし、アントシアニンやビタミンEなどの抗酸化物質の効果によって、これらの活性酸素がどんどん分解されるため、目はとても良い状態に戻るのです。

ビタミンCとの相性も抜群

ビタミンCとビタミンEはどちらも抗酸化作用が強く、特にこの2つの相乗効果はとても良いとされています。
ブルーベリーにはビタミンCとビタミンEの両方が含まれており、それにアントシアニンが豊富なので、目には抜群のトリブルの相乗効果が期待できるのです。

ブルーベリーサプリがおすすめ

ブルーベリーサプリ現在日本ではブルーベリーをイチゴのように手軽に食べられるという環境にはありません。
やはり毎日摂取するためには、ブルーベリーサプリがとてもおすすめです。
ここでご紹介したように目のためにとても高い効果が期待できるビタミンEを始めさまざまな成分は、思いついたときに摂取するというより、毎日定期的にしっかり飲み続けることで目を眼病や疲れから守ってくれるのです。

これから老後に向い、やはり目の疾患はとても辛いもの。どうしても老後には黄斑変性症、白内障、老眼、老人性、ドライアイなどさまざまな疾患が増えていきます。
そんな目のトラブルを予防するためにも、抗酸化作用の強い成分がたっぷり含まれているブルーベリーを、毎日摂取できるフル-ベリーサプリがおすすめなのです。

ブルーベリーサプリは他のさまざまなサプリに比べ、全体的に価格が低いということも摂取しやすいところではないでしょうか。
そしてブルーベリーサプリは目のためだけでなく、健康と美容のためにも抗酸化作用の高いアンチエイジングサプリとも言えるのです。

目のピント調節でお悩みなら