ブルーベリーサプリマガジン
ブルーベリーサプリマガジン > ブルーベリーサプリに配合されている成分 > 黄斑変性症や白内障の予防にゼアキサンチン

黄斑変性症や白内障の予防にゼアキサンチン

パプリカ

黄斑変性症や白内障の予防にゼアキサンチンが良いと言われていますが、意外とゼアキサンチンという成分は知られていないようです。
アスタキサンチンと似たネーミングなので、そちらの方を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
ここではゼアキサンチンと目の関係を考えてみましょう。

ゼアキサンチンとは

ゼアキサンチンはカロテノイドの仲間であり、橙色や黄色の色素成分で緑黄色野菜に多く含まれるものです。
カロテノイドは600種類以上あると言われており、さまざまな天然色素をまとめてカロテノイドと言います。
ゼアキサンチンはパプリカやほうれん草、トウモロコシ、パパイヤなどに多く含まれています。

特にゼアキサンチンは、目の健康と深くかかわっているカロテノイドと言われています。
強い抗酸化作用力を保ち、また目に悪影響のあるブルーライトや紫外線を吸収する働きがあり、目の健康には不可欠とも言われている成分なのです。

加齢黄斑変性症の予防とゼアキサンチン

bl_38ゼアキサンチンは黄斑変性症の予防に効果があると言われています。
黄斑変性症は加齢によって、目の中にあるルテインやゼアキサンチンなど、抗酸化物質の減少によって起こります。
他にもパソコンやスマホなどの見すぎによって、目の中に存在すべきルテインやゼアキサンチンなどの抗酸化物質が減少してしまい、活性酸素が溜まったことから起こることも。
そのため加齢黄斑変性症だけでなく、最近では若い人の黄斑変性症も増えています。

黄斑部には光を受け止める細胞が何百もあり、それらの細胞が光を直接受けています。
光を多く受ければそれだけ酸化が起こり、それを放っておくと物の大きさが正確に把握できなくなったり、色彩が違って見えたり、物が動いて見えたり曲がって見えたりするようになります。

加齢黄斑変性症や黄斑変性症は、そのままにしておくと失明にもつながる眼病です。
ゼアキサンチンはもともと黄斑部の中央に存在するものであり、黄斑部の周囲にはルテインが多く存在しています。
そのため黄斑部の予防にはルテインよりゼアキサンチンの方が、予防効果は高いとも言われているのです。

白内障の予防効果も

ゼアキサンチンは白内障の予防にも効果があると言われています。
白内障の場合は水晶体が活性酸素で濁ってしまい、それによってだんだん見えなくなっていくという眼病です。
水晶体は加齢とともに光のダメージによって酸化していきます。
そして水晶体の周辺部から中心に向ってだんだん白く濁っていくことになるのです。

40歳を過ぎるとほとんどの人が、水晶体に少しずつ濁が出てきます。
実際に治療を必要とするようになるのは60代が70%、80代ではほとんどすべての人が治療を必要とするレベルに近づきます。
ゼアキサンチンは水晶体の酸化防止にも高い効果が期待されており、白内障の予防にも大切な成分として考えられています。

ゼアキサンチンの摂取法

医者ゼアキサンチンはもともと人の体内に存在している成分ですが、体内で作ることはできない成分なのです。
黄斑部がダメージを受けることで、どんどん減ってしまいます。
また、白内障や加齢黄斑変性症などが老化とともに起こるのも、ゼアキサンチンやルテインなどの減少が原因だと言われています。

ゼアキサンチンは緑黄野菜に多く含まれているので、意識的に緑黄野菜を摂取したいものです。
しかしゼアキサンチンは脂溶性の成分なので、メニューは油を一緒に摂れるものがおすすめです。
例えば油で炒めほうれん草や、油を使ったニンジンのグラッセ、コーンのバター炒めなどはいかがでしょう。

他にもカレーなどは油が使われているので、そこにいろいろな緑黄野菜を入れる野菜カレーなどもおすすめです。
もしダイエットをしているようなら、オイルはオリーブオイルなどを使用しましょう。
また、効率良く摂取するためにはサプリメントなどでの摂取もおすすめです。

目のピント調節でお悩みなら